小豆島へ⑧ またいつか

中山農村歌舞伎舞台のそばに、『こまめ食堂』というカワイらしい
カフェがあります。
c0172719_20271457.jpg

予定では、カフェ「忠左衛門」に行くつもりでしたが
いいお天気になって暑かったので、ここで休憩することに。
c0172719_20483471.jpg


私は かき氷 “醤油ミルク金時”
c0172719_20331532.jpg

今まで食べたかき氷の中で ナンバーワンのおいしさ♪♪
醤油とミルクで ほんのりキャラメルっぽい!!
しょうゆプリンを食べた『ヤマロク醤油』のお醤油でしか この味は
出せないそうです。

ここでは棚田のお米で作った 棚田のおにぎり定食 なども食べれて、
すっごく美味しそうでした。
次回は食べよう!!



「井上誠耕園ショップ」に寄りました。
c0172719_20533440.jpg

オリーブオイルやオリーブの化粧品がいろいろあります。

パスタに使うとおいしそうなドレッシング。
c0172719_21172822.jpg

ジャムもお土産にぴったりのサイズ☆

新商品の レモンソルトオイル
c0172719_21191718.jpg

こちらもいろいろ使えそう。


お土産も買ったし、そろそろ帰りの時間。
c0172719_2123691.jpg


小豆島がだんだん遠くに小さくなっていきます。
c0172719_21244738.jpg

小豆島 楽しかったな~。

八日目の蟬を観てなかったら、きっとここに来ることはなかったはず。
何でも素敵な出会いってあるんですね。

今回行けなかった、洞雲山寺の夏至観音や笠ヶ瀧寺、戸形崎に
またいつか来ることがあったら行ってみよう。

c0172719_2142756.jpg

帰りはこんなに光り輝く穏やかな瀬戸内の海でした。
[PR]

by macaron2008 | 2011-09-23 21:46 | 2011年9月 小豆島

小豆島へ⑥ ラストシーンの場所

八日目の蟬で、重要なシーンが撮影された 福田港。
c0172719_22415158.jpg

ここで、希和子と薫が引き離されたんですよね。

映画版では、このお店で 薫の朝ご飯を買ってました。
c0172719_2245710.jpg


ドラマ版は、フェリーの待合室の中の売店で買ってましたが、
待合室には実際は、売店はありませんでした。

待合室には、サインが飾られていました。
c0172719_22493252.jpg

ドラマ版の 壇れいさんと 岸谷五朗さんのサインもありました。

港の近くに、映画のラストシーンの場所がありました。
c0172719_2255869.jpg

映画と同じ場所にいるって、なんか不思議^^


スイーツを食べに、お醤油屋さんへ。
『ヤマロク醤油』
c0172719_23214968.jpg

ここも、とにかくすっごく道狭い(>_<)
ナビの指示どおり行くと、大変な目に遭いました・・・。

ここでいただける小豆島スイーツは、しょうゆプリン☆
c0172719_23233436.jpg

土日祝の限定だそうです。
これ、すっごくおいしい!!
しょうゆシロップをかけるとさらに美味しいですよ!!
[PR]

by macaron2008 | 2011-09-23 00:48 | 2011年9月 小豆島

小豆島へ⑤ そうめん箸分け体験

映画版 八日目の蟬で、永作博美が働いていた『創麺屋』
c0172719_2324673.jpg

もう、すっごく細い道で大変!!
私の車で来てよかった~!!

c0172719_23263988.jpg

ここで、希和子と薫がそうめん食べてました。

薫が遊んでいた公園。
c0172719_23274283.jpg

私もちょっぴりブランコに乗ってみました。
ブランコに乗るのなんて何十年ぶりだろう^^

映画版で永作博美が、そうめんの箸分けをしていたのを見て
私もやってみたい!!なんて思い、体験してみることに。

でも、創麺屋は土日祝は体験はしていないので、今回はこちらで↓↓
『なかぶ庵』
c0172719_2335214.jpg

10時の予約で、10人の工場見学でした。

最初に社長さんから、小豆島のそうめん作りについての説明がありました。
特徴としては、麺を伸ばす時に生地がくっ付かないように、
ゴマ油を使うそうです。

小豆島の『かどや』のゴマ油は有名ですよね。
ゴマ油を加えることで、乾燥と酸化を防止できるそうです。
ゴマ油を使うのは、小豆島独自の製法だそうです。


そうめんを作るための機械を見せてもらいましたが、これは撮影禁止。

最後にいよいよ そうめんの箸分け体験☆

まずは、社長さんがお手本を。
c0172719_2359028.jpg

麺を後ろへ3回ほどひっぱり、今度は前へひっぱり。

麺と麺の間に2本の箸を通します。
c0172719_01027.jpg


下から3回、上から3回
c0172719_034994.jpg

徐々に大きく開きます。

大きく開いたところで、シャッターチャンス^^

私とだんなさんが箸分けした そうめん☆
c0172719_06614.jpg

なかなか上手くできました♪♪

終わったら、修了証書をくれました。
c0172719_214535.jpg


なかぶ庵さんの 生素麺をいただきました。
c0172719_0112348.jpg

乾麺より もっちりした感じで美味しかった~♪♪

c0172719_0131172.jpg

オリーブの素麺をお土産に買いました。

そうめんの箸分け、すっごく楽しかった~♪♪

小豆島に行かれる時は、ぜひぜひオススメです☆
[PR]

by macaron2008 | 2011-09-20 21:12 | 2011年9月 小豆島

小豆島へ④ 天使の散歩道

今回の宿泊先は、小豆島国際ホテル。
c0172719_2294352.jpg


夕方 ホテルに到着して、夕食までなぜか だんなさんが持って来て
くれていた 「メリは外泊中」のDVDを鑑賞。

晩ご飯は 和食の会席。
c0172719_2221248.jpg

そうめんは食べ放題。
これに、ご飯・あさりの御吸い物・御漬物・デザートが付きます。
女性にはちょっとボリュームあるかも・・・。
お腹いっぱいで 全部食べきれませんでした。


ここのホテルに決めた理由は、エンジェルロードがホテルの目の前だから。
c0172719_22273683.jpg

1日2回の引き潮の時だけあらわれる砂浜の道。
このエンジェルロードで手を繋ぐと将来結ばれると言われています。

ここも、八日目の蟬のロケ地です。

干潮の時間は小豆島のいろんな場所で表示されていますよ。

c0172719_2238739.jpg

2日目の早朝7時前ぐらいです。

この日は午前中曇りですが、午後からは晴れるとの予報。
キャンセルしなくてよかった~♪♪
[PR]

by macaron2008 | 2011-09-20 21:11 | 2011年9月 小豆島

小豆島へ② 日本のエーゲ海?

今回は小回りの効く 私の車をフェリーに乗っけて来ました。

まずは腹ごしらえ。
だんなさんがネットで検索したオリーブ公園のレストランへ。
c0172719_17482833.jpg


この日、最初で最後の一瞬の晴れ間がのぞきました♪♪
c0172719_17554190.jpg


ひと際大きなオリーブの木がありました。
c0172719_17573444.jpg

昭和天皇が御手播きされたそうです。

あちこち見渡しても、レストラン見つからなくて・・・。

私、20年前の記憶を呼び起しました。
ココじゃない!!

だって、ここはオリーブ公園じゃなく “オリーブ園!!”

暑い中歩いて、無駄な体力を使ってしまった(>_<)

急いで、すぐ先にある オリーブ公園へ移動。
やっとお昼ご飯を食べれました。

小豆島プレート☆   
〔地中海料理 + 手づくりスイーツ + コーヒー〕
c0172719_18125446.jpg

地中海料理オリヴァス[olívaz]
7月23日にオープンしたばかり、シェフは福島原発の影響で 福島から家族で
こちらに移り住んで来られたそうです。

小豆島のオリーブオイルと食材を使った地中海料理です。

取材の方も来られてましたよ。


小豆島にはいろんなソフトクリームがあるんですが、やっぱりオリーブの
ソフトクリーム!!
c0172719_19252244.jpg

ほんのり緑で、オリーブの味がかすかにします。
おいしかったですよ♪♪

公園内にあるパワースポット “エリエス ト ローダ”
c0172719_19285764.jpg

円の真ん中に立って女神の像に向かって想いを声に出して伝えると
想いが叶うという愛のスポットだそう。

さっき晴れたと思ったら、ザーっと雨が降り出しました。

晴れて空が青かったら きっとここは日本のエーゲ海だったに違いない。。。
[PR]

by macaron2008 | 2011-09-19 21:54 | 2011年9月 小豆島

小豆島へ③ 二十四の瞳

海沿いの少し細い道を通って、『二十四の瞳 映画村』へ。
c0172719_2074379.jpg

雨は止みましたが、海のそばなので風が強い強い。

昭和の街並みが再現されています。
c0172719_20121355.jpg


撮影用のセットとして造られた 苗羽小学校田浦分校
c0172719_20273429.jpg

ここも 八日目の蟬のロケ地。

ここは一年生の教室
c0172719_20362965.jpg

希和子が教壇で名前を呼ぶと 薫がハーイと手を挙げてました。

昔の時間割
c0172719_20393827.jpg

今と全然違いますね^^
修身って何するんだろう??

c0172719_20433414.jpg

廊下の床がミシミシするのもなんかいい感じ。


キネマの庵という建物の中では 映画『八日目の蟬』ヒミツの女子旅in小豆島展
が開催されています。
c0172719_20465313.jpg
 

パネルや映画で着ていた衣装、台本などが展示されています。
c0172719_2054184.jpg

c0172719_20543424.jpg

c0172719_20564244.jpg


そして、ここの Caféシネマ倶楽部 は学校給食が食べれるんですよ。
周りのほとんどの人が食べてました。

小豆島では今「醤の郷」ご当地グルメとして いろんなホテルやレストラン、
カフェで オリジナルの“ひしお丼”が食べられます。
c0172719_2194647.jpg

だんなさんは、Caféシネマ倶楽部で カリカリ豚ともろみのひしお丼 を
食べてました。
私はさすがにランチからそう時間が経ってないので食べませんでした^^;


映画村を出て、すぐ右手に 八日目の蟬のドラマ版で希和子が働いていた
“さわだ”があります。
売物件になっていて、営業はされていません。
残念なことに、写真撮るの忘れてました・・・。

そう、すぐ隣のこっちに気を取られて・・・。
c0172719_21251332.jpg

本物の 石倉三郎が立ってるみたいでしょ!!
本当によく出来てるんですよー。


石倉さんも小豆島出身だそうです^^
[PR]

by macaron2008 | 2011-09-19 21:54 | 2011年9月 小豆島

小豆島へ① 嵐の出発 

17、18日に1泊2日で、小豆島へ行って来ました。

目的は 『八日目の蟬』のロケ地を巡る旅。

映画もドラマも1回しか観ていないのに、小豆島の美しい風景が
なぜかとっても心に残ってて、ずっと行きたいって思ってました。

20年ぶりの小豆島。



台風の影響で前日は大雨。
天気予報では2日とも大雨の予想・・・。
キャンセルしようかと本当に悩みましたが大雨覚悟で出発!!

新岡山港からの船出。
c0172719_1725218.jpg


ここも 八日目の蟬のロケ地なんです。
c0172719_1761782.jpg

ドラマ版で希和子(壇 れい)がレジ係で立っていたところ。

そして 薫(北乃きい)が座っていた椅子。
c0172719_17101436.jpg


天気は悪いけど、ここからテンション↑↑↑上がりっぱなし!!

c0172719_1716495.jpg

新岡山港から約1時間10分、小豆島の土庄港が見えて来ました。


大雨予報の中、私の思い描く 美しい景色が見えるのか?

不安な旅の幕開けです。
[PR]

by macaron2008 | 2011-09-19 21:53 | 2011年9月 小豆島